求人情報に試用期間ありとなっているときの注意

人材が欲しい会社は求人情報を出しますし、仕事をしたい人はその情報を見て応募します。
できるだけマッチングできるよう面接などをしますが、必ずしも互いの希望が合致するわけではありません。
企業側からして求める人材でないこともあれば、応募者側から見て希望の会社でないこともあります。
採用後にそれがわかった時どうなるかです。
応募者側の場合、希望と異なる会社なら、自己都合退職などをしてやめることができます。
しかし、採用側は簡単にやめてもらうことはできません。
そこで、試用期間を設けます。
試しに雇用する期間で、会社側が希望する人材で、希望するような仕事をしてくれるかどうかを見ます。
試用期間が終了した時点で、その後のことを決定します。
条件などは、試用期間と本採用事では異なる場合があります。
社会保険などは、試用期間でも同様に入れることが多いです。
よほどのことがないと終了後に解雇となることはないですが、気を抜くと契約されないことがあるので注意しましょう。

新宿でホストクラブのお仕事お探しではありませんか?
ホストの求人情報ならホストQ人をご覧ください

モデル・客室乗務員の方を中心にお仕事案内サービス
広報や受付、秘書などあなたに合ったお仕事をご案内しています

京都・滋賀介護求人センター|介護医療専門求人サイト

ハワイ 求人 仕事 就職 転職

最新記事